塗り替え時期のポイント
こんな症状が出た時に塗り替えをお薦めします。
s1 かび・藻
建物の北側など湿気が溜まりやすい箇所に発生します。美観を損ねるほか、健康への影響も及ぼします。
かび・藻
一覧に戻る
s2 チョーキング(白亜化)
塗装面の塗膜が劣化してきており、手でこすると白い粉のように付着する状態です。建物の保護機能低下につながります
チョーキング(白亜化)
一覧に戻る
s3 変退色・艶低下
塗膜の本来の色の変色・艶の低下している状態です。美観を損ねるほか、建物の保護機能低下につながります。
変退色・艶低下
一覧に戻る
s4 はがれ
表面の塗膜と下地との密着性の低下や雨水の浸入などによって発生します。建物の保護機能は低下し、雨水の浸入により鉄筋を侵食させる原因となります。
はがれ
一覧に戻る
s5 クラック(割れ)
建物自体の収縮などによって発生します。建物内部へ雨水が浸入し鉄筋の腐食や爆裂の原因となります。
クラック(割れ)
一覧に戻る
s6 ふくれ
クラックなどから雨水が浸入して、塗膜が下地から浮き上がりその内部に水分などが含んでふくれている状態。
ふくれ<
一覧に戻る
s7 さび
主に雨の当たる鉄部に発生します。腐食が進むと穴があいてしまったりします。
さび
一覧に戻る
s8 木部腐食・ワレ
主に雨の当たる木部に雨水を吸ってしまい発生します。腐食・ワレが進むと撤去・交換も必要になります。
木部腐食・ワレ
一覧に戻る
s9 シーリングの劣化
シーリング部に亀裂・ひび割れが発生している状態です。本来の柔軟性がなくなり緩衝性能や防水性能が低下し、建物内部への雨水の浸入が発生してきます。
シーリングの劣化
一覧に戻る
外壁の塗り替え
屋根の塗り替え
各種リフォーム
さあ塗り替えよう!尾越の塗り替えはここが違う!
塗り替えQ&A
塗り替え時期のポイント
施工事例 スケジュール カラーシュミレーション ニュース


Copyright (C) 2006,2007 尾越塗料販売株式会社 All Rights Reserved.